スタッフ紹介

 代表 仁藤夢乃

1989年生まれ。中高時代に街をさまよう生活を送った経験から、女子中高生の支援を行っている。夜間巡回や声掛け、相談。シェルターでの一時保護や宿泊支援。食事・風呂・文具・衣類の提供。児童相談所や病院、警察などへの同行支援。自立支援シェアハウスや虐待や性暴力被害を経験した少女たちの自助グループの運営を行っている。第30期東京都青少年問題協議会委員を務めた。

 

〇著書

 『難民高校生-絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』(英治出版2013.3、筑摩書房2016.12)

 『女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち』(光文社新書2014.8)

 

〇受賞歴

 2015年「エイボン女性年度賞」、日経ビジネス「次代を創る100人」、

 文藝春秋「日本を代表する女性120人」、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー

 「若手リーダー部門」など。

 

〇連載 『バカなふりして生きるのやめた』 

   スマホ・携帯から全文無料! http://imidas.jp/columm/CA-6003.html

 PCからは最新号のみ無料で購読できます。http://imidas.jp/index.html 

 

〇ブログ http://ameblo.jp/colabo-yumeno

 

 

 副代表 稲葉隆久

 学生時代よりNPOカタリバの活動に7年間携わり、理事を務めた。 東日本大震災直後に宮城県入りし、復興支援プロジェクトを統括。不登校やひきこもりの若者支援等も行ってきた。

 

復興支援の現場で仁藤と出会い、意気投合しColabo立ち上げから共に活動を開始。活動を通して少女たちの抱える困難を知り、声を上げられない青少年に、親や教師とは違った第三者的な立場から関わることを意識してきた。

Colaboの活動や、関わる女の子たちを陰で支える縁の下の力持ち。

 

2級キャリア・コンサルティング技能士。

米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラー。