サポートグループTsubomi

Tsubomiは、Colaboとつながる女子たちによるサポートグループです。

「すべての少女が『衣食住』と『関係性』を持ち、困難を抱える少女が暴力や搾取に行きつかなくてよい社会」を目指して、10代~20代の女子が活動しています。

 

Tsubomiとは、「まだ咲いていない花」という意味です。困難を生き抜いた・生き抜こうとする当事者同士のゆるやかなつながりを通して支えあい、相談者のサポートや当事者としての発信活動などをしています。

こんな活動をしています

合宿や夏祭りなどの他、日常的なお祝いを共にしたり、シェルターの開設準備や、Colaboに届く寄付品の仕分け、バザーの出店などを共に行ってきました。

 

・ものづくり:アクセサリー制作

・季節のイベント:誕生日会、入学祝、お花見、クリスマス会、年越し、成人式、卒業祝いなど

・出店:バザー、夏祭りなど

・伝える活動:講演会などでの発言、国連や米国国務省への調査協力、

       児童買春の実態を伝える企画展「私たちは買われた展」の企画・準備

・研修・教室:料理教室、ネイル教室、アロマ研修、戦争や暴力などついての学習会

・合宿:春合宿、夏合宿、タイ海外研修

・Colaboの活動サポート:応援者の方から届く物資の仕分け、シェルターの開設準備・掃除、

            相談・同行支援・宿泊支援のサポート 

 

同じように悩んできた人たちと出会うことで自分の状況を整理したり、向き合うきっかけとなっています。虐待や性暴力の被害など、他の関係性の中では話しにくいことも安心して話せる場所。「性被害にあったのは、断れなかった自分のせい」と話す少女に、他の少女たちが「あなたは悪くない」と声をかけていることや、スタッフに言いにくいことを打ち明けるような関係性も生まれています。

Tsubomiのアクセサリー

講演会場限定で、寄付者の方にプレゼント中 ! 

児童買春の実態を伝える企画展「私たちは『買われた』展」開催!